林住期を、より充実したものに!
by jo-toyo
カテゴリ
メモ帳
以前の記事
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
お気に入りブログ
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
2017年 05月 01日

No.1360 植物はなぜ薬を作るのか? その②

 しばらくブログ ネタがあったのでその②がずいぶん日にちが空きましたが、『植物はなぜ薬を作るのか?』の続編―その②です。
f0104277_19485827.jpg
 植物は、己れを食害しようとする動物、取り付こうとする病原菌、競合する同じ植物の敵、それらの攻撃から能動的に自らは動いて逃げることが出来ないため、その種独特の二次的(特異的)代謝産物―化学防御戦略のための強力な化学物質を、その進化の過程の中で作り出してきた。その防御のための化学物質がたまたま人間の薬として役立った。

 しかしよく考えてみれば、なぜそれらが人間の病気にも効く薬となるのか?

 それは、それらの物質(化学化合物)の「生活活性」というものの働きによる。この本の著者は、それを毒草・ハシリドコロの化合物で説明する。
f0104277_1959489.jpg
 ハシリドコロ:なす科

 ハシリドコロが作り出す二次的(特異的)代謝産物は動物の副交感神経を遮断するという強い「生活活性」を有する。それを取り込んだ動物は、瞳孔が拡大して目が見えなくなったり、神経中枢が興奮し、目眩や幻覚症状を呈する(ハシリドコロはもちろん人間にとっても毒草で誤ってを食べると、「そこらを走り回る」というところからその名がついたといわれる)。
 しかしその生活活性を利用して適度な量を使うと、瞳孔を拡大させたり、痙攣を鎮める薬となる。
 このようにそれを食害する虫や動物から身を守るために作用する生活活性が、使い方をさえ工夫をすれば人間の薬として役立つのだ(もっと根本的にいえば、地球上のあらゆる生き物―生物か物質かも判別のつかないウィルスももっとも進化の進んだヒトも地球上に生まれたたった一つの生命から分化した、つまりは生命のシステムが同じ―それは遺伝の仕組みが共通していることから解る―だから他の動物に発揮する生活活性が人間にも効くというところにあるのではないか、と私は考えるがいかが?)。

 それでは、植物からどんな医薬品が実際に作られているのか? 具体的に見てみよう。

 まずは鎮痛剤モルヒネ
 これはケシからアヘンが作られ、そのアヘンから抽出される。このモルヒネが近代医薬の最初のものだという。1804年ころドイツの薬剤師ゼルチュルナーという人がアヘンからモルヒネを単離した。様々な化合物が混ざった生薬から特定の有効成分を取り出す「単離」に初めて成功したのがこのモルヒネであるという。
 このモルヒネから特定の薬効化合物がどのような化合物であり、なぜ薬効があるのか、が解明されるようになって近代医薬の歴史の幕が開いた。

 続いて、これも皆さん良く知っている鎮痛剤アスピリン
 これはヤナギの樹皮から作られたが、その効能は紀元前から知られていたという。アスピリンという医薬製品が登場したのは約120年も前ドイツのバイエル社からだというが、実はそれがどうして鎮痛剤として効くかは70年以上解らなかった。ようやく1982年に解明され、ノーベル生理学・医学賞が与えられたとのこと。

 次は、今日もっともホットな抗がん剤
 まずは、ニチニチソウから作られるピンカアルカロイド。 この化合物はがん細胞の分裂を阻止する効能があり、1960年代から白血病や悪性リンパ腫の治療に用いられている。
f0104277_8384377.jpg
 ニチニチソウ:きょうちくとう科

 抗がん剤その2は、タイヘイヨウイチイから作られるタキソール。アメリカの国立がん研究所が1967年に発見したという。乳がんや肺がん、胃がんなどの治療に使われる。
f0104277_8394296.jpg
 日本のイチイ:いちい科

 その3は、キジュ(喜樹)から作られるカンプトテシン
 中国原産のキジュという木のエキスから、やはりアメリカの国立がん研究所が発見した。しかしこの場合はその化合物からヒントを得て人工的に作り出された、少し化学構造の違う誘導体(植物が持つもともとのリード化合物にヒントを得て作られる構造の近い化合物)が実際には抗がん剤として使われているという。

 その4は、ポドフィルム属植物から作られたポドフィロトキシン
 ヒマラヤや北米に自生するメギ科の多年草のこの植物の薬効は数百年前から下剤や駆虫剤として使われてきたが、約20年前スイスの製薬会社サンドがその薬効成分の誘導体を数多く作りその中から抗がん剤として効能のあるポドフィロトキシンを見つけ出し製品化した。

 ことほどさように、植物の科学防御戦略のために作られた化合物が様々な現代医薬品として役立っている。今日でも新薬の約6割は、植物を中心とする天然物から作られたり、ヒントを得ている。

# by jo-toyo | 2017-05-01 19:19
2017年 04月 29日

No.1359 第八回世界盆栽大会

 昨日は、自由時間倶楽部解散後の自主活動団体「サークル埼玉」の初めての活動として仲間たちと 「第八回世界盆栽大会」 に行ってきました。
 場所は、埼玉スーパーアリーナ。
 28年前にやはりさいたま市で第一回が開かれて以来、世界各地を回ってきた大会が、八回目で再び帰ってきました。なぜさいたま市?
 さいたま市には「盆栽村」という地名もあり(http://www.bonsai-art-museum.jp/about/omiya/)、盆栽の世界のメッカです。
f0104277_9452266.jpg

 海外でも盆栽ブームとか、外国人も多く訪れています。
f0104277_9473521.jpg


 以下、主な展示作品です。

 「松柏」の部

 時価一億円といわれる黒松―「雲竜」 樹齢1000年?
f0104277_9512947.jpg

 メインステージの真柏
f0104277_9533774.jpg

 皇室所有の黒松
 鉢に菊のご紋章が入っている。
f0104277_9545262.jpg

 総理大臣賞の赤松
f0104277_9562217.jpg

 故川端康成氏が所有していた五葉松
f0104277_9573959.jpg

 樹齢600年の一位(イチイ)
f0104277_100506.jpg

 樹齢500年の黒松
f0104277_102882.jpg

 米栂
f0104277_959537.jpg

 松柏の岩付き
f0104277_1052713.jpg


 雑木の部
 

 もみじ
f0104277_10103534.jpg

 ぶな
f0104277_10135472.jpg

 さつき
f0104277_1016156.jpg

 アカバナトチノキ
f0104277_10175963.jpg

 ふじ
f0104277_10181929.jpg

 ブーゲンビリア
f0104277_10184045.jpg

盆栽観賞後の午後3時から近くの居酒屋で一杯。優雅な一日でした。
# by jo-toyo | 2017-04-29 10:06
2017年 04月 26日

No.1358 高尾山 友の会

 高尾山登山二千数百回(健康登山手帳100冊成満)、ほぼ毎日登っているモー君、その近くに住まい高尾山をベース基地のようにしている女性3人、それと私の計5人で「高尾山 友の会」(みんな「高尾山健康登山手帳」保持者)を結成し、昨日、ゆっくりと歩いてきました。
 さすがに高尾山に精通している5人(私を除いて4人?)、皆の知識を出し合い、楽しい充実の自然観察山歩きになりました。改めて高尾山の自然に豊かさに感じ入りました。

 芽吹きの山頂付近
f0104277_8193485.jpg

 新緑進む麓付近
f0104277_820879.jpg


 今日の出会い

チドリノキ:かえで科 の花
f0104277_8211940.jpg

タカオスミレ:すみれ科
f0104277_8331945.jpg

コミヤマスミレ:すみれ科
 葉に暗赤色が入る。
f0104277_8334986.jpg

ヒカゲスミレ:すみれ科
f0104277_835375.jpg

ケマルバスミレすみれ科
f0104277_837555.jpg

マルバスミレ:すみれ科?
 葉に毛がないためやや光って見える? ケマルバスミレより稀。
f0104277_8395355.jpg

エイザンスミレ:すみれ科
f0104277_8432035.jpg

フタバアオイ:うまのすずくさ科
 ご存知、徳川家の紋。
f0104277_842404.jpg

イチリンソウ:きんぽうげ科
f0104277_844649.jpg

ニリンソウ:きんぽうげ科
f0104277_8445054.jpg

ニリンソウの緑花
 非常に珍しい。
f0104277_8454868.jpg

イチリンソウ(上)とニリンソウ(下)
f0104277_8472372.jpg

トウゴクサバノオ:きんぽうげ科
 果実が、鯖の尾のように両側に張り出す。
f0104277_13335776.jpg

ツクバキンモンソウ:しそ科
f0104277_8591868.jpg

ラショウモンカヅラ:しそ科
f0104277_911054.jpg

オドリコソウ:しそ科
f0104277_901099.jpg

イカリソウ:めぎ科
f0104277_8541030.jpg

ヤマルリソウ:むらさき科
f0104277_8554654.jpg

コチャルメラソウ:ゆきのした科
 果実が「チャルメラ」に似ている。
f0104277_931194.jpg

ヨゴレネコノメソウ:ゆきのした科
f0104277_973326.jpg

カテンソウ:いらくさ科
f0104277_991774.jpg

ヨウラクラン:らん科
 垂れ下がった紐(瓔珞)のような花序にこれから(4~6月)小さな花を付ける。着生ラン。
f0104277_995637.jpg


 「友の会」の皆さん、いろいろ教えていただいて有難うございました。
# by jo-toyo | 2017-04-26 09:14
2017年 04月 22日

No.1357 7mの雪の壁

 ちょっとした用事で昨日、今日、明日と白根高原に来ています。
 すっかり雪解けモードの浅間
f0104277_19461467.jpg

 昨夜TVを見ていると、冬期閉鎖中だった志賀草津道路が昨日21日に開通、今年は見事な雪の壁が見られるとのこと。
 今日、嬬恋村に行く用事のついでに(といいながら、大遠回りですが)、志賀草津道路を通ってみました。
 殺生河原の駐車場から白根山方面、天気は上々。
f0104277_19524997.jpg

 途中を端折って、メインイベントの雪の壁。
f0104277_19552275.jpg

 けっこうな人出。
f0104277_19564036.jpg

 日本の国道最高地点―渋峠(2,172m)からの、まだ雪に閉ざされた芳が平
f0104277_200294.jpg
f0104277_2013659.jpg

 その後回った嬬恋村で出会ったアオゲラ(キツツキ)
f0104277_2072077.jpg


 今日(23日)の浅間
f0104277_17395893.jpg


 白根高原からの帰路の春

 今日(23日)白根高原からの帰路の、東吾妻町、倉渕村で出会った春です。

 イタヤカエデの花
 鮮やかな黄色で目立ちます。
f0104277_17261862.jpg

 ヤマザクラ?
f0104277_17273080.jpg

 道端には、ヤマエンゴサク:けし科
f0104277_17292110.jpg

 匂い立つような雑木の芽吹き
f0104277_17313919.jpg
f0104277_17322168.jpg

# by jo-toyo | 2017-04-22 20:07
2017年 04月 19日

No.1356 マンション植栽の春

 10階のわが家のベランダから、ふと下を見てみると。
 以前からきれいだった一階の専用庭がリフレッシュされて、こんなに見事に。
 植栽委員でも活躍されているYさんの作品。
f0104277_19384695.jpg

 ついでにマンション内植栽の春をレポート。
 これらにもYさんのセンスが生きている?
f0104277_19413641.jpg

 集会所坪庭
f0104277_1942970.jpg

 さて、さしもの長い日数を咲いていた今年のソメイヨシノは、もはや葉桜。
f0104277_19425336.jpg
f0104277_194367.jpg

 しかし、八重桜は今が見ごろ。
f0104277_19434177.jpg
f0104277_19435285.jpg

 これもサクラ属だが。ウワミズザクラ
 これの実が熟れると収穫し、アンニンゴ酒が作られ、マンション内イベントで振舞われる。
f0104277_19455769.jpg

 メグスリノキ:かえで科 の芽吹き
f0104277_19473390.jpg

 一画には、サクラソウも。
f0104277_19481795.jpg

 シュンラン
f0104277_19484914.jpg

 昨年まで、ギンラン:絶滅危惧種 も見られたのに、今年は消えてしまった。

 バードサンクチュアリの雑木林
f0104277_19503686.jpg

# by jo-toyo | 2017-04-19 06:45
2017年 04月 17日

No.1355 植物はなぜ薬を作るのか?

 以前から関心を持っていたテーマそのものずばりの本が出たので買って読んだ。
f0104277_6282920.jpg

 日本でも近代薬学が持ち込まれるまで、薬学のことを「本草学」と呼んてきたように、植物と薬の関係は切っても切れない。現代の最先端医薬のガン特効薬のいくつかが最近でも植物由来の成分から作られていることを見ても解る。
 草木の薬利用についてはチンパンジーにも見られるとのこと。アフリカの、体調が良くなさそうに見えるチンパンジーが普段は食べないキク科の苦い草を食べることがあるという。そうすると約一日後にその衰えていた体調が回復した。研究者がその草の化学成分を調べたところ寄生虫の産卵を抑制する作用があることが解ったという。
 冬眠した熊が目覚めたあと最初に毒のあるミズバショウやザゼンソウの葉を食べて冬眠中に貯めた宿便を出す下剤に利用するのもそれに近いのかもしれない。
f0104277_7135181.jpg
2015年7月 栂池自然園にて。

 チンパンジーや熊でさえそうなのだから万物の霊長たるヒトがそうした植物の薬利用をしてこなかったはずはない。すでに紀元前4000~3000年前のメソポタミヤの粘土板に病気や植物など医薬利用の記載があるという。
 動物に限らず人間でも、このように薬となる植物の発見は セレンディピティー(偶然の所産)による。要は、齧ってみたり食べたりする試行錯誤の中で偶然に薬効となる植物を探し当て、その知識を伝承してきたのだ。毒と薬は紙一重、いかに多くの人がその中で命を落としてきたか?
 猛毒・トリカブトもちょっと手を加えれば、生薬・附子(ぶし)となる。トリカブトだけでも、それが猛毒であり、どう利用すれば薬となるか、そうしたことが知識として確立し流布するまで何人が犠牲になったのだろうか?

 これだけ薬学が進んだ今でも、植物など天然物に由来する素材を精製せずに用いる「生薬」が日本の厚生労働省が定める医薬品の規格基準である「日本薬局方」に約300種が記載されていて、実際には市場ではその倍くらいの生薬が流通している。

 それでは、植物(厳密には植物ではないが、キノコも含めて)が、なぜそんな人間の薬になる成分を作るか? 別に植物は、人間に役立とうと思ってそんな成分を作るわけではない。そう考えるのは人間の傲慢な思い上がりでしかない。植物たちはそれなりに自らが生き、繁殖するために真剣に工夫をして生き延びてきただけである。
 生物にはあらゆる生物に共通な「一次的代謝産物」と、その種だけしか作らない「二次的代謝産物」(「特異的代謝産物」ともいう)を作りながら生きている。植物が光合成で作る炭水化物、脂肪、タンパク質、それらを動物が食べ自らの体を作り、活動のエネルギーを得る。この生物一般共通の一次的代謝産物のほかに、特に植物は、様々な二次的代謝産物を作る。この二次的代謝産物(特異的代謝産物)の中にたまたま人間の薬ともなる物質があるに過ぎない。
 なぜ植物にそのような二次的代謝物質を作るものが多いのか?
 それは、植物は動けない、一度そこに根付くとそこで一生を終るほかはないという運命にある。その一生は、動物に喰われ、病原菌に襲われ、また他の植物との勢力争いに晒されるという「致命的な」危険から能動的には逃げられない。
 動物に食べられないための毒、渋みなどの嫌な味、嫌な臭い、病原菌を寄せ付けない、殺す抗菌物質、他の植物の生育を抑制する作用(「アレロパシー(他感作用)」を持つ物質、これらの驚くべき多様な二次的代謝産物をその進化の中で工夫しながら獲得してきた。いはば化学防御戦略だ。

 畑をする人なら、マリーゴールドが虫除けに有効なことは知っているかもしれない。根から出す物質が、地中の害虫(線虫など)を殺す他感作用を持っている。
f0104277_10281996.jpg


 他にもいろいろ興味深い話が、この本の中には満載している。今後も何度か取り上げていきたいと思っています。
# by jo-toyo | 2017-04-17 06:28
2017年 04月 13日

No.1354 桜草も見ごろ

 今日は晴天無風、何かと不順な春もようやく、たけなわになるか?
 毎年のように取り上げていますが、今日も、近くの 特別天然記念物・田島ヶ原サクラソウ自生地 に行ってきました。自然愛好者として、近くに住むものとして毎年のレポートをするのも義務の一つかと。

 国の特別天然記念物・田島ヶ原サクラソウ自生地
f0104277_19354613.jpg

 今日も多くの愛好者が。
 桜もまだ残って。
f0104277_19363246.jpg

 桜草も見ごろ。八分咲きくらいの新鮮さ。
f0104277_1938755.jpg
f0104277_19403311.jpg

 ノウルシ(黄色)と分布を分け合って。
f0104277_19393413.jpg

 学術調査中?
f0104277_1940821.jpg

 サクラソウの花には、二つのタイプがある。

 ピンの眼
 良く見てください。花の中心に虫ピンの頭のようなものが見えます。雌しべの柱頭です。
f0104277_1943624.jpg

 スラムの眼
 虫ピンの頭のようなものが見えません。雌しべの柱頭がずっと下にあります。
 光彩(スラム=織物の切れ端)が見える。
f0104277_19465088.jpg
 これは、サクラソウが近交弱勢(近親交配)を避けるための驚くべき工夫なのです。
 細かい説明は略しますが、要はピンの眼の花の蜜を吸ったマルハナバチは同じピンの眼の花では受粉させ得ず、スラムの眼の花でのみ受粉させることができる。こうして遺伝子の違った個体同士でしか子孫をつくれなくしているのです。

 その他の 今日の出会い

 ヒキノカサ:きんぽうげ科
 花弁にクチクラ層を持っている。
f0104277_19564396.jpg

 ジロボウエンゴサク:けし科
f0104277_19575978.jpg

 カントウタンポポ:きく科
 ここにあるタンポポはすべてカントウタンポポ。セイヨウタンポポは無い。
f0104277_19592811.jpg

 シロバナタンポポ:きく科
f0104277_2001162.jpg

 アリアケスミレ:すみれ科
f0104277_201346.jpg

 ミツバツチグリ:ばら科
f0104277_2015331.jpg

 バアソブ:ききょう科
 正式和名は、ツルニンジン。8~10月に花を付ける。花の斑点を「爺のソバカス」に見立て命名。
f0104277_2052110.jpg

# by jo-toyo | 2017-04-13 19:12